セルフケアで健康的な明日を応援!
サプリメントや健康食品を探して比べるお試し通販サイト

  1. トップ
  2. 特集
  3. ストレッチポールでストレートネックや姿勢・ゆがみを改善する方法

ストレッチポールでストレートネックや姿勢・ゆがみを改善する方法

 

パソコン・スマートフォン世代が抱える悩みといえば、ストレートネック。体のゆがみは肩こり、首コリへと発展し、様々な不調を抱えることにもなりかねません。

不快なストレートネックには、ストレッチポールがおすすめです。ストレッチポールを使った改善方法を紹介します。

 

ストレートネックを克服する

 

 

ストレートネックに悩む方は急増しており、今や、現代病のひとつと言っても過言ではありません。ストレートネックの改善でもっとも重要なことは、姿勢を正すことです。パソコンに向かっている時、ついつい前かがみになり、猫背になっていませんか?

 

では、ストレッチポールの使い方についてですが、ラグ等、寝そべっても痛くない場所にストレッチポールを置き、その上に仰向けに寝転がります。背中にはストレッチポールが後頭部・背中・腰の3ヶ所が当たっている状態です。

 

そのまま、両手を天井に向かって伸ばし、右腕で左腕の手首を握り、右腕を床の方に引っ張りながら、足を左側に倒していきます。上半身と下半身の動きがねじれている状態になりますが、ツイスターと呼ばれる運動です。反対側も同様に行い、左右1セットで1日数回を目途に実践しましょう。

 

ついつい猫背に?姿勢を矯正

 

 

パソコンに向かう時間が長くなると、ついつい体が前かがみになり、やがて猫背に。猫背でお悩みの方には、ストレッチポールの基本のひとつベーシックセブンの胸開き運動で改善しましょう。

 

やり方は、ストレッチポールの上に仰向けに寝そべって、両腕を天井に向かって伸ばしたら、ゆっくりと真横に開きます。大胸筋が開いていくのが実感できるかもしれません。

 

痛みがある時は無理をせず、開く場所でも構いません。続けていくうちに徐々に腕が横に伸ばせるようになりますので、安心してくださいね。

 

真横に開いたら、また、腕を伸ばしたまま、もとの場所まで戻します。開く・もとに戻すで1セットとして、数回から10回を目途に実践してください。毎日コツコツと続けることで改善できます。

 

体のゆがみはぶらぶら運動で改善

 

体のゆがみの原因は、運動不足、デスクワーク、猫背、利き手の利用頻度、怪我等があります。まず、ストレッチポールに仰向けに寝そべって、体のバランスを確認してみましょう。

 

まっすぐ乗っているつもりなのに、どちらか一方に落ちてしまったり、体重が片側にのみ乗ってしまったりはしていませんか?

 

確認ができたら、そのまま寝そべった状態で、下半身を動かします。両足のつま先を合わせ、左右にゆらゆらと動かしましょう。続いて、ひざをクの字に軽く曲げ、左右にぶらぶらと動かします。

 

これらの運動は股関節を緩め、股関節を正しい位置に戻してくれる効果があります。1日数回でも構いません。毎日、実践することで、ゆがみが改善されます。

そのほかの関連商品