セルフケアで健康的な明日を応援!
サプリメントや健康食品を探して比べるお試し通販サイト

  1. トップ
  2. 特集
  3. 「覇気がない」「元気がない」と思われがち|改善や対処法は?

「覇気がない」「元気がない」と思われがち|改善や対処法は?

「なんとなく、やる気がでない」「何をしていても楽しく感じない」このような状態は、無意識のうちに表情や声色、その人の雰囲気として現れています。

 

メンタル面で悩みを持っていたり、やっていることに興味を持てないなど、覇気がない人や元気がない人が増えている現実もあります。ここでは、覇気がない人の特徴や原因、改善法などを紹介します。

 

覇気がない人の特徴と原因


覇気がない人は、考え方がネガティブになりがちです。そうなることで、行動もネガティブになることが多くなってしまいます。考え方や行動がネガティブな人は、周りの人から物事への意欲がない人と思われてしまいます。

 

体の調子が今ひとつ


睡眠不足でだるそうにしている、あくびをしてばかりいる、疲れている様子を見せているなど、覇気がない人の特徴として挙げられます。覇気のない人は、体の調子が今ひとつで、どうしても前向きになることができない人と言えます。

 

何事にもやる気がない


趣味や目標があると積極的になれることもありますが、そうでなければ意欲的に取り組むことがない状態になります。覇気がない人の特徴として、何事に対しても興味を持てないことがあります。

 

執着がなく、過去に嫌なトラウマがある

覇気がない原因としては、物事の損得や自分の地位などに興味がないことが考えられます。また、過去に挫折や失敗などを経験して、いろいろなことに取り組むのが嫌になっていることも考えられます。

 

元気を出す秘訣は、ホルモンのバランスを整えること


元気を取り戻す基本は、よく食べて、よく寝て、よく運動することです。中でも、体の内側から元気にするためには、バランスの良い食事が大切です。ここでは、栄養バランスの良い食事を心がけながら、ホルモンのバランスを整えることをおすすめします。

 

幸せホルモンのセロトニンを増やす


セロトニンは、気分や感情をコントロールし、体を元気にしてくれるホルモンです。このホルモンは、トリプトファンと呼ばれるアミノ酸から作られますが、トリプトファンは体内で作ることができず、食事から摂ることが重要になります。

 

トリプトファンを多く含む食物は、牛や豚の肉、カツオ、マグロなどです。家族や仲間と楽しく焼き肉やバーベキューをやると元気になりますが、これは肉に含まれるトリプトファンからセロトニンが作られていることも影響しています。

 

肉の中でも、脂肪を適度に含んだ霜降り肉は、トリプトファンを豊富に含んでおり、セロトニンの分泌を促し、幸せ感が高まっていきます。また、肉には亜鉛や鉄分、ビタミン類が豊富に含まれているので、血色が良くなり、瞳も輝き、心も体も元気にしてくれます。

 

テストステロンが高い人は仕事ができる

テストステロンは、男性の睾丸から出るホルモンで、男性にとっては重要なホルモンです。スポーツの試合で勝ったり、努力が評価されたときに幸福感を味わいますが、この幸福感の元はドーパミンという物質です。

 

このドーパミンの分泌を促進させるのがテストステロンです。テストステロンが多い男性は、生き生きとしていて、仕事がよくできると言われますが、やる気や闘争心と大きく関係しています。このホルモンは、20代をピークに減少していきますが、生活習慣を改善することで高めていくことができます。

 

ホルモンバランスを整えるために


セロトニンやテントステロンは、バランスの良い食事が大切ですが、次のようなことも大切になります。一つは、よく眠ることです。しっかり眠ることで、ストレスが解消されテストステロン値は高くなっていきます。

 

二つ目は、よく日光を浴びることです。特に朝日を浴びると、セロトニンもテントステロンもアップしていきます。三つ目は、よく運動をすることです。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動はセロトニンを増やし、スクワットなどの筋トレはテストステロンを増やす効果があります。

そのほかの関連商品