セルフケアで健康的な明日を応援!
サプリメントや健康食品を探して比べるお試し通販サイト

  1. トップ
  2. 特集
  3. 「栄養機能食品」を知って上手にサプリ選び

「栄養機能食品」を知って上手にサプリ選び

サプリメントが必要と感じている人の多くは、「食事が不規則」、「食べ物が偏っているかも」という不安があるはずです。その不安から、サプリを選ぶとき欲しい栄養成分がたっぷり入っているものを選んでしまうことがありませんか?摂取量の目安や基準を気にせずに選んでしまうことが多いのではないでしょうか?

 

しかし、成分の過剰摂取はかえって逆効果になるキケンがあります。そこで、間違ったサプリ選びをしないためにも、役に立ててほしいのが栄養機能食品です。 

 

サプリメントは薬?サプリの分類や定義

 

「サプリメントは薬とどう違うのか?」と、わからない方も多いはず。サプリメントは日本語で「栄養補助食品」です。国が定めている分類においてサプリメントは「食品」にあたります。

 

体のために「バランスの良い食事を心がけたい」と考えても、不規則になりがちな食生活。忙しさのせいで食事を簡単にすませて栄養が不足してしまう。サプリメントとは、そんな忙しい毎日の食事で摂りにくい、不足した栄養素を補う「食品」です。

 

<普段、口にするものの分類>

 

〇医薬品(医薬部外品を含む)

〇保健機能食品(トクホ・栄養機能食品・機能性表示食品)

〇一般食品

 

見た目や形が似ていることから薬とサプリメントを勘違いしてしまうことがあります。まず、薬とサプリメントの違いは分類です。「薬」は医薬品に分類され、薬機法にもとづいています。病気を治したり、予防したりする目的があるのが薬です。しかし薬には副作用があるため購入する際に、必ず医師等の処方箋が必要になります。

 

サプリメントは薬と違って、自分で判断して決めるもの。自分に必要な栄養素や量を見極めることが大切なポイントです。

 

サプリえらびの見極めに役立つ、保険機能食品

サプリメント(健康食品)は一般の食品と保険機能食品のどちらかに分けられます。一般の食品は、病気や医薬品的な効果をはじめ、効能をあらわす表示が禁止されています。

 

保健機能食品制度は、「国がきめているルール」を満たしていることを条件に、機能や効能の表示ができる食品です。保健機能食品制度と食品の分類や違いは次のように位置づけされています。

 

特定保険用食品(トクホマークあり)

特定の健康効果が証明された健康食品。身近な食品にも多く、マークがあるため広く知られている。

記載例:食後の血糖値の上昇を緩やかにする

 

栄養機能食品(マークなし)

1日に必要とする栄養素(ビタミン、ミネラル、カルシウム類)が不足している場合に、その補給目当てで利用する食品のこと。すでに科学的に証明された栄養成分であるため、表示することが認められている。

記載例:マグネシウム(骨や歯の形成に必要な栄養素です)  

 

ビタミン・ミネラル・脂肪酸を対象にしている栄養機能食品

不足しやすい栄養素といえばやはり「ビタミン・ミネラル」ですよね。国では、ビタミン・ミネラルを人間の生命維持活動に不可欠な栄養素として栄養機能食品に指定しています。

 

栄養機能食品として機能表示ができる栄養成分は脂肪酸(1種類)ミネラル類(6 種類)ビタミン類(13 種類)です。

 

 <栄養機能食品の対象成分>

 

・ビタミン

ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸 

 

・ミネラル

 カリウム、カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄

 

  ・脂肪酸 

 n-3系脂肪酸

 

これらの成分は各々、国が決めた“量の決まり”を守ることで栄養機能食品として表示することができます。サプリメントに含まれている栄養成分の量が、決められた量の範囲内であることが条件です。

 

栄養機能食品の表示の見方、摂取量の目安にしよう

実際に販売されている商品(栄養機能食品)表示で成分の機能をチェックしましょう。

 

<パッケージ表示例>

 

 

栄養機能食品 (カルシウム)

カルシウムは骨や歯の形成に必要な栄養素です。

 栄養機能食品 (鉄)

鉄は、赤血球を作るのに必要な栄養素です。

 

  

栄養機能食品は機能表示だけでなく、栄養機能食品は1日の適切な摂取量が満たせるかどうかの目安になります。注意喚起文の表示もチェックするようにしましょう。

 

栄養機能食品の注意点

栄養機能食品は、国への審査や申請がありません。また、トクホのようにマークもありません。本当に信頼できるメーカーが作っているか、品質管理がしっかりしているか、の判断が必要です。

  

サプリ選びは「判断材料」をポイントに

栄養機能食品は、商品に含まれている成分すべてが基準をみたしているということではありません。あくまで「一部の栄養素」について基準をクリアしている証。サプリ選びの判断材料として上手に「栄養機能食品」を利用することが重要です。サプリメントを役立てながら、栄養バランスの整った食生活、食事バランスを心がけましょう。

そのほかの関連商品