セルフケアで健康的な明日を応援!
サプリメントや健康食品を探して比べるお試し通販サイト

  1. トップ
  2. 特集
  3. 医薬品と医薬部外品、化粧品の違いについて知っておこう

医薬品と医薬部外品、化粧品の違いについて知っておこう

医薬品、医薬部外品、化粧品など、使用する際に口に入れたり肌に直接塗布するものは、薬機法(旧薬事法)によってに細かく取り決めがなされています。これら3つの違いから、薬の選び方について考えてみたいと思います。

医薬品とは?

 

医薬品とは、病気の治療・予防のために配合された薬のことを言います。病院で処方されたり、薬局で販売されている薬のことを指していて、その全てが厚生労働省から効果・効能が認められたものになります。

 

医療用医薬品

医師の診断に基づいて処方される薬のこと。処方箋を持っていないかぎり、薬局へ行っても購入することは出来ません。しっかりとした効き目があるため、医師が患者の症状に応じて使用を指示する必要があります。

(健康保険の給付対象)

 

一般用医薬品(OTC)

一般用医薬品は、国際的表現でOTC(オーバー・ザ・カウンター)とも呼ばれるようになりました。オーバーザカウンターという表現は、カウンター越しに薬が買えるという意味であり、処方箋がなくても薬局などで薬剤師のアドバイスに従って購入することができるという意味です。

(健康保険の給付対象外)



一般用医薬品には3種類ある

 

一般用医薬品(OTC)には3つの種類があり、これは薬に含まれる成分のリスクによって分けられています。

 

第一類医薬品

一般用医薬品の中でも特に有効成分が高く、それはリスクが高いという意味でもあります。薬局では薬剤師と対面して説明を受けなければ、購入することはできません。

 

(主な商品例)

・ロキソニンSプラス(解熱鎮痛薬)

・ガスター10(H2ブロッカー胃腸薬)

・リアップ(発毛・養毛薬)

 

 第二類医薬品

第一類医薬品と比べ、多少リスクは少ないものになります。そのため薬剤師の説明を必要とせずに購入することができます。販売者は商品の説明をする「努力義務」があります。

 

(主な商品例)

・イブクイック頭痛薬(解熱鎮痛薬)

・エスタックイブ(かぜ薬)

・スキンセーフAPクリーム(皮膚病薬)

 

第三類医薬品

一般医薬品の中ではそれほどリスクは高くないため、誰でも購入することができます。販売者が商品の説明をする義務はありません。

 

(主な商品例)

・消毒用エタノール

・マキロン

・ハイチオールC


 

医薬部外品は医薬品ではないの?医薬部外品の定義とは

 

医薬品が「治療」を目的として作られたものに対して、医薬部外品は「予防」を目的として作られたものです。その予防の目的も薬機法には明確に記載されています。それが下記の一覧になります。

 

1 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止

2 あせも、ただれ等の防止

3 脱毛の防止、育毛又は除毛

4 人又は動物の保健のためにする、ねずみ、はえ、蚊、のみ等の駆除又は防止

(薬機法第2条第2項本文より抜粋)

 

(主な医薬部外品例)

薬用化粧品、歯周病・虫歯予防の歯みがき、生理用ナプキン



指定医薬部外品

 

2009年に薬事法が改正された際、医薬部外品に新しく追加されたものをさします。これには2つの種類があります。

 

新指定医薬部外品

1999年に医薬品の規制温和政策がとられました。その時に医薬品から医薬部外品に移された商品のことをさします。

(傷の消毒剤や、胃の不快感改善剤、疲労時のビタミンやカルシウムの補給剤などがあげられます。)

 

新範囲医薬部外品

2004年以降、一般医薬品の一部が薬局以外でも購入可能になりました。その時に新しく追加された医薬部外品のことをさします。

(いびきの防止薬、コンタクトレンズの装着薬、消化剤、整腸剤などがあげられます。)



化粧品と薬用化粧品について

 

普段使用している化粧品類にも細かい取り決めがなされています。

化粧品は「人体に対する作用が穏やかなもの」と決められているため、効果・効能に対して記載しても良い範囲が決められています。

 

対する薬用化粧品(薬機法上では医薬部外品)は、おだやかな作用が認められた成分が配合されているため、その効果・効能を記載しても良いとされています。

 

□化粧品の記載例

「お肌に潤いを与える」

「みずみずしい肌に導く」

 

□薬用化粧品の記載例

「メラニンの生成を抑え、シミを防ぐ」

「美白効果がある」

 

上記ふたつは全成分の記載が義務づけられています。化粧品の成分は配合量の多い順に記述しなければなりませんが、薬用化粧品は順不同になっています。その代わり、薬用化粧品は何が「有効成分」なのかを記載しなければなりません。



医薬部外品の許可と承認について

 

医薬部外品は、その成分に対する細かな情報や、成分の有効性、過去の前例などをまとめて厚労省の審査に提出をしなければなりません。審査には半年から1年の時間がかかり、そこで無事に審査が通ったものが「医薬部外品」として記載することが認められています。



医薬品を知る・まとめ

いかがでしたか?「クスリ」と一括りに呼んでいるものにも、医薬品から一般医薬品、医薬部外品とそこには細かな規定がなされています。「治療」を目的としたものから「予防」を目的とするものまで多様にあるため、自分が何を必要としているかを知っておくことは、クスリ選びにおいて大切なことなのではないでしょうか。



そのほかの関連商品