セルフケアで健康的な明日を応援!
サプリメントや健康食品を探して比べるお試し通販サイト

  1. トップ
  2. 特集
  3. 30代40代に増えている新型栄養失調、不足しやすい栄養素は?

30代40代に増えている新型栄養失調、不足しやすい栄養素は?

 

食べたいものを好きなときに食べられる現代。しかし近年、中高年の間で新型栄養失調が増えています。食事をちゃんと食べいて見た目も健康体、それでも起こってしまう新型栄養失調とはどんなものなのでしょうか?

 

こんな人も要注意、太っていても栄養失調

栄養失調ときくと、体型が痩せいているイメージですが、新型栄養失調はそうではありません。食事をきっちり食べていても、特定の栄養素が不足してしまう状態です。

太っていて、カロリーは十分足りていても栄養失調になる

そんな新型栄養失調が、働きざかりの30代や40代で増加傾向にあるようです。

 

なぜ働きざかりの中高年に増えている?新型栄養失調症になる原因

忙しいから、スタミナをつけたい。仕事のストレスから好きなものを食べ過ぎる。丼ぶりものにラーメン、焼き肉、手軽でおいしいものは炭水化物やタンパク質が多く、どうしても野菜不足になります。栄養のバランスを考えない限り、しっかり食べてもビタミンやミネラルが足りません。体の機能には欠かせない栄養でもあるビタミンやミネラルは、ストレスで壊れやすいという特徴もあります。「もしかして自分も」と感じた方はチェックリストで確認してみてください。

 

新型栄養失調症チェックリスト

 

・ラーメン、丼ものの外食続が多い

・コンビニ、インスタント食品が多い

・肉だけ、野菜だけ、など食事に偏りがある

 

チェックごとの注意点、食事のポイント 

ラーメン、丼ものの外食続が多い

手軽でボリュームのあるメニューを選びがちな外食ですが、糖質はたっぷり摂れるものの、野菜が足りません。野菜が不足するとビタミン・ミネラル・食物繊維が不足します。ラーメンを選ぶ際には野菜が多いものを選び、ワカメやネギのトッピングがおすすめです。また、食べ過ぎの元になる丼ものはなるべく避け、定食メニューにしてみてください。食品の品目数が増えてバランスがとれます。

 

コンビニ、インスタント食品が多い

外食やコンビニ、インスタント食品が多い人はビタミン・カルシウム不足が不足しがちです。もともと日本人は慢性的なカルシウム不足に陥りやすい傾向があります。カルシウムを補う定番といえば、やはり牛乳ですがゴマ・豆腐・チーズでも補給できます。また、コンビニでは定番のサラダや野菜ジュースをプラスしてみてください。ポテトサラダや、マカロニサラダは炭水化物が多いので、野菜が多いサラダを選びましょう。

 

 肉だけ、野菜だけ、など食事に偏りがある

お肉の食べ過ぎは、必然的に動物性食品の摂りすぎに。とある研究では「肉類の食べ過ぎはヘビースモーカーと同じくらい体に悪影響」という指摘もあります。「外食ばかりで自炊が難しい」そんな場合は、毎食1品の野菜メニューをプラスすることを心がけてください。手軽に食べられるフリーズドライの味噌汁もおすすめです。

 

逆に、健康や体重を気にして、肉や卵を避ける人が多いようです。肉や卵を避けると鉄分・亜鉛・タンパク質が不足します。タンパク質は、生きるうえで重要なエネルギーの元になります。また、体に欠かせないビタミン・ミネラルは、肉や、卵にたくさん含まれます。肉が摂りにくい場合は大豆製品や加工された魚製品をとりいれてみてください。納豆やシーチキン、魚肉ソーセージなども手軽です。

 

不足した栄養素を補う工夫

30代、40代は健康寿命を左右する大事な年代です。特に、40代以降で新型栄養失調になると体のあちこちに不調がおこり、取返しのつかないことにも。

 

かといって1日3食、きっちり管理することは案外面倒です。体調や時間の都合で、とれる栄養素は本当に限られてしまいます。まずは、朝食がわりに豆乳・バナナを選んでみたり、間食にヨーグルトやナッツ類を選んでみたりしてください。それだけでもビタミンや食物繊維をプラスすることができます。簡単なポイントを意識して、栄養の偏りを少しずつ改善していきましょう。 

そのほかの関連商品