セルフケアで健康的な明日を応援!
サプリメントや健康食品を探して比べるお試し通販サイト

  1. トップ
  2. 特集
  3. サプリ選びの4つのコツと、悪いサプリの見分け方

サプリ選びの4つのコツと、悪いサプリの見分け方

健康維持のためにサプリメントを続けていきたいと考える人は多いですよね。しかし各社から様々な種類のサプリメントが出ているため、どれが良いのか判断が難しいと思います。

 

今回はたくさんあるサプリの中で、良いものを見つけるコツを見ていきたいと思います。

 

 

サプリを選ぶ4つのコツ

サプリメントは食品の分類になるため、販売するための審査がありません。そのため、誰でもサプリメントと名付けて販売することができます。品質の悪いサプリも平気で売られている場合もあるので、安易な「○○に効果あり!」などという言葉に惑わされず、しっかりと見極めることが大切です。そのためのコツを4つ紹介します。

 

 

1 信頼できるメーカーを選ぶ

 

まずは信頼できるメーカーを探すことが第一です。基本的なことですが、下記の3つを参考に判断してください。

 

・長く続いているメーカーである

・原材料、成分等、情報が詳しく公開されている

・問い合わせ先がきちんと記載されている

 

注視する点は、販売者や製造者名がしっかりと記載されていることです。販売元を記載することは食品衛生法で義務となっています。問い合わせ先が記載されていない、明確ではない、分かりづらい、などの場合は気をつけるべきでしょう。

 

 

2 成分名・含有量を確認する

 

成分には適切な含有量があり、それはサプリメントによって異なります。パッケージにはその内容が記載されているはずなので、まずはそこで目的の成分が「どの程度」含まれているのかを確認しましょう。

 

・内容量(何粒で何日分か)を把握する

・1粒(1日あたり)の栄養素の内容量を確認する

・成分の単位(μg、mg)が正確に記されている

 

サプリメントは、安いからといって良いものであるとは限りません。良い原材料で良いサプリメントを作るのには費用がかかります。たとえば安価なものは「○○成分が1000mg配合」とHPに記載されていても、1粒あたりに含まれる量が少ない場合もあります。

 

 

3 原産国だけで判断しない

 

サプリのパッケージには「原産国」が記載されています。たとえばここに「日本」と記載されていれば「国産」だと思ってしまうかもしれませんが、それは間違いです。

 

原産国として記されるのは「製品を加工した国」になります。つまり日本の工場で製品を加工しただけで、原材料は別の国のものである可能性もあります。たとえば製品の成分設計をアメリカで行い、ブラジルの原材料を使用しても、最後に日本の工場で加工処理をすれば「原産国:日本」となります。

 

もちろん国産だから良いというわけではありません。大切なのは、国産のものだからといって良いものだと鵜呑みにしないことでしょう。

 

 

4 製造方法・安全基準で選ぶ

 

商品の安全性や有効性、製造方法など、しっかりとした安全基準を満たしているかの目安として、トクホ等の表記があるものを選ぶこともおすすめです。

 

・トクホ、または栄養機能食品を選ぶ

・GMPマークの商品を選ぶ

・JHFAマークの商品を選ぶ

 

 

上記のようなマーク(トクホ、GMP、JHFA)は、商品に一定の品質があるとされているものです。迷った時や不安な場合は、まずはこのマークのついているものからピックアップしていくのも良いでしょう。

 

 

悪いサプリを見分ける方法

 

悪徳な方法でサプリを販売する会社もゼロではありません。良いサプリを選ぶためには、悪いものを見分けることも大切です。

 

下記のようなものは注意が必要!

1 成分の化学的根拠がない

2 販売者の問い合わせ表記がない

3 広告文が過剰

 

化学的な根拠のない成分を、サプリとして販売している会社はたくさんあります。たとえば「厚生労働省推奨サプリ」などと記載されている場合もありますが、厚生労働省が特定のサプリメントを推奨することはありません。「○○1位」や「○○に効果があり」などの記載があったとしても、それで何かの安全性が保障されたわけではありません。広告の過剰表現に踊らされないよう気を付けましょう。

 

 

正しいサプリとの付き合い方

 

サプリメントは薬ではありません。サプリを摂取することで、特定の疾患が治癒することもありません。たくさんの種類を飲めば良いというわけでも、多量に摂取すれば良いというわけでもありません。あくまで「毎日の生活を健康的に送るための補助的役割」を担っているものです。

 

さらに、妊娠中や授乳中の方、乳幼児、何らかの疾患を抱えている方は自己判断でのサプリの摂取はお勧めできません。何らかの疾患を抱えている場合、薬の飲み合わせによって副作用が出てしまう場合があるので特に注意が必要です。

 

サプリの効果はすぐに実感できるものではなく、効果を感じるまで早くとも3〜4ヶ月はかかるとされています。効果を感じたくて長年飲み続けるのも良いかもしれませんが、時には「これは辞める」と決断して、新しいものを探してみたほうが良い時もあるでしょう。自分にはどんな栄養素が必要なのか、今一度生活を見直してみるのも良いかもしれません。

 

 

そのほかの関連商品