セルフケアで健康的な明日を応援!
サプリメントや健康食品を探して比べるお試し通販サイト

  1. トップ
  2. 特集
  3. 野菜ジュースで栄養はとれる?手作りや生野菜との比較と選び方

野菜ジュースで栄養はとれる?手作りや生野菜との比較と選び方

スーパーやコンビニで手軽に飲める野菜ジュース。しかし、手軽だからこそ気になるのが栄養面ですよね。野菜をそのまま食べることと、ジュースで飲むこと。その方法にどのくらいの違いがあるのか、栄養価から詳しく比較してみました。

野菜ジュースは栄養がとれる?野菜を食べた時と変わらないの?

簡単に手に入る野菜ジュースですが、野菜ジュースには「実は栄養はほとんどない」「飲んでも意味がない」という意見を見かける時があります。

 

でも、はたしてそれは本当なのでしょうか?

 

野菜ジュースには栄養がないは嘘?その元になった情報とは?

調べてみると野菜ジュースには、加工によって失われてしまう栄養素があることは事実のようです。ジュースにする際には加熱処理が不可欠であるため、熱に弱いビタミンCや食物繊維は、野菜本来よりも大幅に減少してしまいます。そのほかにも、生の野菜に含まれる酵素も熱によってほとんど失われてしまいます。

 

加工で減少する栄養素
・ビタミンC
・食物繊維
・酵素

 

大きく分類して、この3つの栄養素が減少してしまいます。これを指して「野菜ジュースには栄養がない」という意見が出ているようです。

 

ジュースにすると増える栄養素もある

熱によって減少する栄養素があることは事実ですが、もちろん全ての栄養素が減少してしまうわけではありません。脂溶性ビタミン(ビタミンA、E)は熱に強く、加熱によって増減することはありません。そのほかにも、カルシウム、カリウム、ミネラル、リコピン、βカロテンはしっかりと栄養が残っていますし、場合によっては生の野菜から摂取するよりも吸収率が良い栄養もあるんです。

 

加工で増える栄養素
・リコピン
・βカロテン

 

このふたつの栄養素は、加工された状態のほうが吸収がしやすくなるため、ジュースになることで栄養が高まったとも言えるでしょう。

 

野菜ジュースにもしっかり栄養はある!

減ってしまう栄養もありますが、逆に増える(吸収しやすくなる)栄養もあるため、野菜ジュースにもきっちり栄養は入っていると言えるでしょう。

 

ただし、ジュース類でよく見られる「レモン○個分のビタミンC」という記載は、野菜からの栄養ではなく、熱加工された後に添加された栄養になっています。もちろん害があるわけではないので安心しても良いのですが、その見極めが必要になるでしょう。

 

 

野菜ジュースの栄養、手作りと市販の違いを徹底比較!

グリーンスムージやコールドプレスジュースなど、一時期はメディアでも多く扱われていたので、自分で作ることに挑戦した方も多いと思います。

 

手作りと市販の違いは製法にあります。

 

市販の野菜ジュースの多くは、濃縮還元製法という方法で製造されているので、前述の通り熱に弱い栄養素は減少してしまいます。主に、ビタミンC、酵素、食物繊維です。

 

反面、手作り野菜ジュースの場合、野菜をそのまま食べるよりも多く食べることができますし、吸収もしやすい状態になります。栄養価を比較した場合、圧倒的に手作り野菜ジュースに軍配があがると言えるでしょう。

 

しかしその分、デメリットも考えられます。

 

 

手作り野菜ジュースのメリット
・市販の野菜ジュースにはない栄養素(ビタミンC、食物繊維、酵素)がたっぷり摂れる
・味付けの調整を自分でできる
・食べたい野菜中心に摂れる

 

手作り野菜ジュースのデメリット
・味で失敗するかもしれない
・数種類の野菜を入れるのは難しい
・ミキサー類の器具が必要になる
・手間と時間とお金がかかる

 

やはり手作り野菜ジュース最大のデメリットは、手間と時間とお金がかかることではないでしょうか?市販のものであれば、安く簡単に手に入るので、この違いは大きいですよね。

 

見落とされがちですが、市販の野菜ジュースの中には青汁も含まれています。一般的な野菜ジュースに満足できない方は、青汁という選択肢を考えてみるのも良いかもしれませんね。

  

 

いいものを飲みたい!良い野菜ジュースの選び方

いいものを飲みたいと思っても、やはり第一は「味」で見極めます。とくに小さなお子様は味が気に入らないと、続けて飲んでくれません。しかし甘く作られたものは果物類が多く含まれているため果糖が多くなっています。必然的にカロリーオーバーが心配になってしまいますよね。

 

ポイントは以下の3つです
1 食塩、砂糖は不使用
2 緑黄色野菜が重視され、果物が少なめのもの
3 濃縮還元よりもストレート

 

ポイント3である濃縮還元とストレートには大きな違いがあります。 濃縮還元とは、野菜を絞り、加熱後に水分を飛ばし(濃縮)、それから再び水を加えた(還元)状態のことを指しています。

 

濃縮還元とストレートの野菜ジュースでは、ストレートの野菜ジュースのほうが高価です。濃縮還元でももちろん栄養はありますが、悩んだ場合はストレートのほうを選びましょう。

 

 

飲まないと損をしている?野菜ジュースまとめ

市販の野菜ジュースは物によって栄養価は様々ですが、野菜が苦手なお子様や、忙しくて自炊ができない方にはぴったりのアイテムです。飲まないより、飲んだほうが健康に良いこともわかっています。

 

食生活が乱れていると感じる方は、今の生活にプラスで野菜ジュースを取り入れてみるのはいかがでしょうか?

 

果汁100%(濃縮還元・ストレート)栄養は濃度で変わる?

果汁100%の濃縮還元とストレートはどう違うの? 野菜ジュースやフルーツジュースに記載された「濃縮還元」「ストレート」の文字は見たことがありますよね?しかしこれ、何がどう違うのか、わからない方も多いかもしれません。   とくに濃縮還元にもストレート... 続きを読む

関連記事健康ニスト

 

野菜1日350gの根拠とは?何がどのくらい必要なのか

野菜1日350gというフレーズは、聞いたことがありますよね。しかしその根拠はどこにあるのか、何を食べれば350gとされるのかなど、知らないことも多いと思います。改めて野菜の種類や栄養素、食べ方について考えてみたいと思います。   野菜1日350gの根拠とは?  ... 続きを読む

関連記事健康ニスト

そのほかの関連商品