セルフケアで健康的な明日を応援!
サプリメントや健康食品を探して比べるお試し通販サイト

  1. トップ
  2. 特集
  3. 腸内環境を整え便通を改善する食べ物は?

腸内環境を整え便通を改善する食べ物は?

お腹が詰まってしまうと、重くなったり肌が荒れてしまったりと、健康や美容面で悪影響が出てしまいますよね。「毎朝スッキリしたいけど何をしても改善しない」という方は、毎日の食生活から見直すことが必要かもしれません。

 

そこで便通改善のため、何が悪影響で、改善するためには何を食べるべきなのかまとめてみました。

  

詰まりやすい食生活とは?

便通を改善するためには、まずは食生活を見直すことが重要になります。食べ物はもちろん、食べ方などもとても大切です。なかでも知っておきたいのが、食べすぎることで詰まりやすくなる食材についてです。

 

肉に含まれるタンパク質は、腸内で悪玉菌を増やす働きをします。お腹が詰まってしまって毎日悩んでいる方は、もしかすると肉類ばかりを摂っている可能性があります。お肉を食べる時はできるだけ野菜などを一緒に食べることを心がけたいですね。

 

タンニン

渋み成分であるタンニンは、お茶などに含まれる成分です。タンニンを摂ると腸が引き締まるため、詰まりやすくなると言われています。お茶には身体に良い成分もたくさん入っているので、同じ茶葉を渋くなるほど何度も使ったり、でがらし茶を多飲することは避けるようにしましょう。

 

 

便通を改善する食べ物4選

食べすぎることで詰まりやすい食材はありますが、もちろん便通を改善する食材もあります。そこで、便通効果が期待できる食べ物を4種類あげてみました。

 

食物繊維

食物繊維には水溶性、不溶性の2種類があり、この2種類をバランスよく摂ることが大切になっています。水溶性であれば、りんご、みかんなどの果物、キャベツ、トマト、人参などの野菜類です。不溶性であれば、ごぼう、おくら、大豆、キノコ類が入ります。

 

発酵食品

発酵食品に含まれる乳酸菌には、腸内で悪玉菌が増殖するのを抑える働きがあります。味噌や醤油、納豆、漬物などに多く、和食中心の生活をする方の多くが便通が良いという結果も出ています。

 

ヨーグルト

ヨーグルトを選ぶ際は甘いフルーツが入った加糖されたものではなく、ビフィズス菌が配合されたものを選ぶように心がけましょう。ビフィズス菌は腸の働きをサポートする効果があるため、続けて摂ることで改善が期待できます。

 

オリゴ糖

オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなるため、善玉菌を増やす働きがあります。善玉菌が増えることで腸内環境が整うため、積極的に摂っていきたい栄養素になります。代表するものとして、はちみつなどに多く含まれています。

 

 

慢性化させないために腸内環境を整えることが鍵!

お腹の詰まりを慢性化させないためには、腸内環境を整えることが重要になります。心当たりのある方は普段の食生活と照らし合わせて考えてみてくださいね。

 

お肉が好きで、外食では肉類を食べることが多い方は、サラダを一緒に食べてみたり、食後にヨーグルト食べてみたりと、一緒に食べるものを考えるだけで変化があるかもしれません。もちろん水分をしっかりと摂ることも重要になるので、1日2ℓを目標にしっかり水分補給を心がけましょう。

 

 

サプリメントって効果はあるの?

食べ合わせを考えたり、毎食サラダやヨーグルトを取り入れることが面倒だったり、難しいこともあると思います。とくに一人暮らしの場合、スーパーで一人分の野菜を買うのが難しかったりしますよね。とくにビフィズス菌は食べ物から摂取することに限界があるため、難しい場合はサプリメントでの摂取もおすすめしています。

 

サプリを選ぶポイントとしては、ビフィズス菌が配合されているか、オリゴ糖が配合されているか、機能が認められた機能性表示食品であるかなどどをチェックするのがおすすめです。 

 

たとえば「ビフィリゴ10000」は、効果が認められたビフィズス菌BB536が20億個、オリゴ糖と共に配合されている機能性表示食品です。腸内環境を整えてお腹をスッキリさせるためには、サプリメントなど自分に合ったものを取り入れることも良いかもしれません。

 

 

ビフィリゴ10000

ビフィズス菌BB536ですっきり良好!

なんだかスッキリしない いつも出そうで出ない 重たく溜まっているせいで表情が曇る   こんな「重い...  詳細を見る

ビフィリゴ10000の公式ページへ

そのほかの関連商品